アトピーの対策
2017年03月09日更新 2016年12月27日公開

アトピーの子供のために日焼け止めはどうすべき?

子どもが外で遊ぶ際、日焼けを防ぐためにと日焼け止めクリームを使用する方もいるでしょう。このUV対策が、実はアトピー性皮膚炎を悪化させているかもしれません。アトピーと日焼け止めについてドクター監修の記事で解説します。

アトピー性皮膚炎の子供が、日焼けにより症状を悪化させないために、日焼け止めクリームを使用することもあるでしょう。しかし、日焼け止めの成分がアトピー性皮膚炎の症状をかえって重くすることもあります。ここでは、アトピー性皮膚炎と日焼け止めの関係について見てみましょう。

アトピー性皮膚炎の日焼け対策について

強い紫外線は、肌にダメージを与え、アトピー性皮膚炎の症状を悪化させてしまいます。しかし、日焼け止めクリームに含まれる界面活性剤や添加物が肌の負担となり、症状を重くする要因にもなります。そのため、日焼け対策にも十分な配慮が必要となります。

日焼け止めクリームの使用について

日焼け止めが肌に悪影響を与える要因になるとはいえ、何も対策せずに強い日差しにあてるのは心配です。アトピー性皮膚炎の子供が使用できる日焼け止めもあるため、成分表示を確認し、低刺激のクリームを選びましょう。

紫外線吸収剤が使用されていないものを選ぶ

日焼け止めには、紫外線をカットするために「紫外線散乱剤」と「紫外線吸収剤」の2つが配合されています。紫外線散乱剤は、酸化チタンまたは酸化亜鉛と表示されており、肌の表面の紫外線を反射する働きをします。また、紫外線吸収剤は「メトキシケイヒ酸」と表示されており、紫外線を吸収する作用があります。紫外線吸収剤が配合されていると日焼け止めクリームの馴染みがよくなり、日焼け止めの効果も高くなりますが、刺激も強くなります。これらの成分が使用されていないものを選ぶようにしましょう。

ナノ粒子が使用されていないものを選ぶ

ナノ粒子とは、紫外線散乱剤が配合されている日焼け止めに含まれる成分です。日焼け止めの粒子をナノレベルまで細かくし、肌の白浮きを予防する効果があります。粒子が細かいため、肌に吸収されやすく、紫外線吸収剤ほどの負担はないもののダメージを与えます。ナノ粒子は、日焼け止めを塗った肌の見た目をよくするための成分ですが、肌の健康を考えた場合には必要のない成分です。ナノ粒子が使われていない日焼け止めには「ノンナノ」という表示がされていますので確認してください。

界面活性剤が使用されていないものを選ぶ

日焼け止めには、成分同士が分離してしまわないように界面活性剤が使われています。しかし、このような日焼け止めは肌に成分が浸透しやすく、アトピー性皮膚炎の悪化につながってしまう場合があります。なかでも石油が原料とされている合成界面活性剤は避けるようにしましょう。

金属成分やシリコンが使用されていないものを選ぶ

酸化チタンや酸化亜鉛といった紫外線散乱剤は、紫外線が当たると活性酸素を発生します。そして、この発生を抑えるために、日焼け止めはこれらの成分をコーティング処理しています。そのコーティングの材料として使用されるのが、水酸化アルミニウム、シリコンオイル、シリカ(ケイ素)です。水酸化アルミニウムには、金属アレルギーを発症させる危険性があり、シリコンオイルは石けんでは落としにくく、もっとも肌の負担が軽いのはシリカであるといわれています。

日焼け止めを塗らないUV対策

日焼け止めの成分は、ナノ化されていれば表示義務がなく、成分表示だけで安全性を確認することが難しい場合もあります。また、アトピー性皮膚炎の症状がひどければ、できるだけ日焼け止めに頼らないUV対策を行いたいものです。短い時間のお出かけであれば、以下の方法を組み合わせて日焼けを防ぐことができますのでお試しください。

紫外線が少ない時間帯を選ぶ

10時から14時のこの時間帯は紫外線がもっとも多く降り注ぐ時間帯となります。できるだけこの時間帯を避けて外出するとよいでしょう。

帽子、長袖シャツ、長ズボンで肌を守る

首の後ろまでしっかりと紫外線をカバーできる帽子をかぶり、長袖シャツと長ズボンで肌の露出を控えましょう。帽子や洋服の色は濃いものの方が紫外線は通りにくいです。ただし、夏場は熱がこもってしまう服装のため、汗による症状の悪化に気をつけましょう。

UV対策グッズを活用する

ベビーカーに、紫外線を遮断するグッズやUVカットが可能なケープなどを使用して紫外線対策をすることもできます。また、ベビーカーのネットは虫よけ対策にもなります。

「アトピーの対策」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play