アトピーの基礎知識
2017年05月26日更新 2016年12月27日公開

アトピー性皮膚炎が悪化してしまう原因とは?

子供のアトピー性皮膚炎の悪化の原因は日常生活の中にあることが多いものです。アトピー性皮膚炎が悪化する原因について、ドクター監修の記事で解説します。子供のアトピーの症状で悩むお父さんやお母さんは、ぜひ参考にしてください。

アトピー性皮膚炎が悪化する要因についてみていきましょう。

そもそも、アトピー性皮膚炎の症状とは?

アトピー素因をもつ患者に、かゆみがある発疹(ほっしん)が慢性的に起こる疾患のことを「アトピー性皮膚炎」と言います。平成14年度に実施された全国調査によれば、乳幼児から学童期の子供の10人に1人程度の割合の子供がアトピー性皮膚炎を患っているとの報告があります。

アトピー性皮膚炎の発症の原因については、まだ詳しくわかっていませんが、主に皮膚のバリア機能が低下してしまい、皮膚が乾燥することが原因の1つであろうといわれています。また、体内の免疫システムが過敏になり、異物とみなしたものを排除する力が必要以上に現れてしまうことが原因であるとも考えられています。ちなみにアトピー素因とは、以下のようなもののことです。

遺伝要因

両親や兄弟姉妹などの血縁がある人にアレルギーをもつ人がいた場合のことを言います。アレルギー体質は遺伝することがわかっています。お母さんにアトピー性皮膚炎の症状ない場合でも、喘息などのアレルギー症状があれば、子供がアトピー性皮膚炎を発症する確率は高くなります。

環境素因

花粉に触れることや、化学物質を食べることでもアトピー性皮膚炎は発症します。たとえば、食物アレルギー、化学物質過敏症、そして花粉やダニなどのハウスダストのアレルギーなどがこちらに当てはまります。

心理素因

心理的なストレスによっても、アトピー性皮膚炎は発症することがあります。「ストレスは万病のもと」とよくいわれますが、このようなアレルギー疾患にも影響を及ぼすことがあります。

アトピー性皮膚炎が悪化する原因とは

まず、日常生活の行動においての原因をご紹介しましょう。たとえば、外で遊んで汗をかいたまま放置して肌を清潔に保つことができなかった場合、シャンプーや洗剤などの刺激によるもの、そしてアトピー性皮膚炎のかゆみが我慢できずに皮膚をかきむしってしまった場合などに、症状が悪化することがよくあります。また、毎日の食事で気づかない間にアレルゲンとなっている食材を摂取してしまうことや、寝不足や疲れなどのストレスでも、アトピー性皮膚炎はひどくなります。

肌は常に清潔を保つように心がけ、睡眠時間は十分確保するなど規則正しい生活を送ること、そして洗剤などは低刺激のものを選んで使用することなどが対策としてあげられます。

次に生活環境においてですが、こちらはハウスダウスト、ダニ、カビ、花粉、動物の毛などのアレルゲンがあげられます。このようなアレルゲンが多く存在している環境での生活は、アトピー性皮膚炎の悪化を招きます。

リビングなどのカーペットや絨毯(じゅうたん)を使用しないようにすることは効果的であるといわれています。特にダニが棲みつきやすいとされるウールカーペットや混紡カーペットは避けるようにしましょう。また、ダニのエサとなってしまう食べこぼしはすぐに掃除をする習慣をつけ、布団はこまめに乾燥させて、お部屋の換気も頻繁に行なうようにするといいでしょう。

子供のアトピー性皮膚炎で注意すること

13歳くらいまでに起こる子供のアトピー性皮膚炎の悪化は、毎日の食事やダニといった生活環境が原因の一因となっていると考えられています。子供がアレルギーを引き起こしてしまう食材を特定し、それらを使用しない食事を作ることは有効なことがあります。子供部屋のハウスダストやダニ対策も心がけていくことが重要となります。

また、先ほどご紹介した通り、子供のストレスもアトピー性皮膚炎の悪化を招く要因の1つとなっています。ストレスを取り除くために親としてできることがないかどうか、検討してあげるようにしましょう。

そのほか、アトピー性皮膚炎の悪化を防ぐポイント

皮膚を清潔に保つ

アトピー性皮膚炎による湿疹があると、あまり触らない方がいいと考えてしまう親がいます。けれど、アトピー性皮膚炎にとって肌を清潔に保つということはとても重要なことです。ですから、湿疹がひどい場合でもきちんとせっけんで皮膚を洗ってあげるようにしましょう。ただし、殺菌作用が強いものは避け、手を使って優しく洗ってあげるようにしてくださいね。ただし、洗いすぎることがかえって皮膚に負担を与えてしまうことがあるので、あくまでやさしく洗い上げるようにしましょう。

保湿をする

保湿はきちんとしましょう。肌に水分を与え、しっかり保湿することでもアトピー性皮膚炎の悪化は予防することができます。

小さい頃に発症したアトピー性皮膚炎は、成長するとともに治まっていくケースもしばしば見られます。かかりつけのドクターに相談をしながら、うまく子供のアトピー性皮膚炎と付き合っていきましょう。

「アトピーの基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play