膀胱炎の基礎知識
2017年04月07日更新 2016年12月27日公開

妊婦や産後の女性に多いとされる膀胱炎、その症状と原因

膀胱炎のなかでもっともポピュラーな急性膀胱炎は、閉経前の女性に多く起きる病気です。また、妊娠中や出産後は、膀胱炎が起こる危険性が高まります。その原因と予防法、また膀胱炎の主な症状について、ドクター監修の記事でお伝えします。

膀胱炎にはいくつかの種類があります。その症状は似たものですが、強さと原因が異なります。通常の場合、膀胱炎と言いますと「急性膀胱炎」のことを指します。ここでは、閉経前の女性に多い急性膀胱炎※について、その原因と症状を解説します。

閉経前の女性に多い急性膀胱炎

急性膀胱炎(以下、膀胱炎)とは、大腸菌などの細菌が尿道から膀胱内へ入って増殖してしまい、膀胱内の粘膜が炎症を起こすことによって排尿などに異常をきたす病気です。通常の場合は尿道から細菌が侵入したとしても排尿したときに尿と一緒に外へ出ていきます。しかし、疲労やストレスなどで免疫力が落ちていたりすると、細菌を排出する力が弱まって、膀胱内で増殖してしまいます。その結果、膀胱炎が引き起こされることになるのです。女性の尿道は男性に比べて短いために、膀胱まで細菌が侵入しやすいという理由があります。女性のほうが膀胱炎になりやすいのはそのためです。また、女性は尿道口と膣、肛門の距離が近いので、これも尿道口へ細菌が入りこみやすい理由となります。

妊婦が膀胱炎になりやすい理由

女性はもともと膀胱炎になるリスクが高いですが、妊娠中にはさらに、膀胱炎を起こしやすい要素が加わります。妊娠中は免疫力が落ちるので細菌による感染に弱くなります。人間には免疫力がありますが、妊娠中の方は自分にとって異物である胎児を体内で育てなければならないため、自然と免疫力を弱めているとされています。このため、膀胱炎以外にもさまざまな細菌による感染症にかかりやすくなっています。また、妊娠中、胎児が大きくなると子宮がその他の臓器を圧迫して、慢性的な便秘になりやすいことも膀胱炎の一因となります。

膀胱炎を防ぐには、水分を適度にとってトイレを我慢しすぎないようにし、便秘にならないような生活習慣を心がけるようにします。

産後にも膀胱炎に注意

妊娠中も膀胱炎にかかりやすいものですが、産後にも注意が必要です。産後は一時的に膀胱の神経が麻痺におちいりやすく、尿を排出しにくくなります。膀胱内に尿がとどまっている状態が多くなると、やはり細菌が増殖しやすくなってしまいます。また、分娩時の裂傷や切開による痛みが残っている場合には、排尿そのものが億劫になったり、おなかに力を入れて排尿することができなくなったりするため、膀胱内に長時間にわたって尿が残ることとなります。これもまた、細菌が増殖する理由です。

対処の方法としては、やはり水分を適度にとってむやみにトイレを我慢しないようにしましょう。悪露が出ているあいだはシャワー・洗浄綿などを使用して清潔にするとよいでしょう。また、シャワートイレなどの水は細菌が繁殖していることもあるので、強い圧力で出産後の傷を洗うことはおすすめできません。

膀胱炎の症状

気をつけていても、膀胱炎となってしまう場合もあるでしょう。膀胱炎の症状を知って自分の体調を気にかけておくことで、早期発見、早期治療につながるかもしれません。以下が代表的な膀胱炎の症状です。

  • 排尿したあと、またすぐ排尿したくなる頻尿
  • 排尿後にまだ残っているような残尿感
  • 下腹部が重い、だるいなどという下腹部痛
  • 排尿痛
  • 熱が出て悪寒がするなどという場合
  • 尿が濁る、または色が変わるなどの変化
  • ときには血尿が出る

このような症状がみられる場合、膀胱炎を起こしている可能性があります。症状が軽いものだと思って放置しておくと、排尿痛、下腹部痛、頻尿、血尿などの諸症状が悪化していきます。また、こじらせてしまったりすると、細菌が膀胱から尿管、さらには腎臓の一部へと侵入していって、腎盂腎炎(じんうじんえん)を引き起こす場合もあります。腎盂腎炎は、腰や背中の痛みをともない、熱や悪寒、また、吐き気がして全身がだるくなるなどの症状が出ます。さらに、悪化してしまった場合には腎臓から血液の流れに乗って細菌が全身に広がってしまい、命にかかわるようなこともあります。たかが膀胱炎と侮らず、違和感を覚えたら早いうちに、内科、泌尿器科、婦人科などの受診をおすすめします。

妊婦の方は胎児への影響が考えられるので、安易に市販薬を使ったりはせず、かかりつけの医師へ相談してみてください。また、産後すぐで入院中の場合には、医師に相談することによって薬を処方してもらえる場合が多いと思います。産後の場合も市販薬を勝手に服用せずに、お産をした病院や医師に相談するのがおすすめです。

「膀胱炎の基礎知識」の記事一覧

記事カテゴリ

記事ランキング

fem.

fem.ヘルスケアが

もっと手軽にアプリで登場!

今日できる。今すぐできる。

健康・キレイ情報を毎日おとどけ。

app-store
google-play